本日、東証にて株式会社マツオカコーポレーションが上場承認されたとの発表がありました!詳しく見ていきましょう!

 企業情報

証券コード・会社名 (3611)マツオカコーポレーション
ホームページ http://www.matuoka.co.jp/
業種 繊維製品/アパレル品のOEM製造
発行済株数 9,625,000株
1単元 100株


業種はアパレルのOEM製造*。

子会社を25社抱えており、商品企画から製造、物流・流通まで幅広く担っている企業(グループ)です。

また、事業拠点も日本だけでなく、中国やベトナムなどの海外にも事業拠点を置いています。

特に目新しい事業ではないので、初値形成に関しては影響はないでしょう。

*OEM製造とは他社ブランドの製造を行うことを指します。





 IPO概要

上場日 12月13日(水)
上場市場 東証一部or二部 ※0
申込期間 11月27日(月)~12月1日(金)
当落発表 12月4日(月)
購入期間 12月5日(火)~12月8日(金)
主幹事証券 野村證券
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券、みずほ証券、いちよし証券、岩井コスモ証券、エイチ・エス証券、SMBC日興証券、エース証券、東洋証券、ひろぎん証券
想定価格 2,420円
仮条件 11月24日(金)決定
公募価格 12月4日(月)決定
売出株数 1,645,000株 (16,450単元)
自己株式の処分株数 1,195,000株
既存株主による売出し株数 450,000株
オーバーアロットメント
による売出し株数
246,700株
吸収金額 ※1 39億8090万円
上場後総株数 ※2 9,625,000株
時価総額 ※1 232億9250万円
※0 上場時に時価総額が250億円以上で東証一部、250億円未満で東証二部に指定されます。
※1 想定価格を基に算出。オーバーアロットメントは含めておりません。
※2 潜在株式は含めておりません。

時価総額が233億とかなり大型ですが、吸収は40億と東証一部(二部)にしてはそこまで大型ではありません。

新規公募はせずに、自社株を公募として売りに出すという形をとっています。

また、(9143)SGホールディングス、(3486)グローバル・リンク・マネジメント、(6698)ヴィスコ・テクノロジーズとの同時上場があるのがかなりの障害になりそうです。







 株主・ロックアップ


株主名 保有株数(比率) ※3 ロックアップ
松岡 典之 1,520,000株(15.7%) 90日
合同会社マツオカカンパニー 1,425,000株(14.8%) 90日
株式会社広島銀行 420,000株(4.3%) 90日or1.5倍
野村證券株式会社 400,000株(4.1%) 90日or1.5倍
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 325,000株(3.3%) 90日or1.5倍
合同会社パインヒルコーポレーション 300,000株(3.1%) 90日or1.5倍
マツオカコーポレーション従業員持株会 297,500株(3.0%) 180日
株式会社ファーストリテイリング 286,500株(2.9%) 90日or1.5倍
三菱UFJキャピタル株式会社 275,000株(2.8%) 90日or1.5倍
日本生命保険相互会社 250,000株(2.5%) 90日or1.5倍
神原汽船株式会社 250,000株(2.5%) 90日or1.5倍
倉敷紡績株式会社 250,000株(2.5%) 90日or1.5倍
株式会社三菱東京UFJ銀行 200,000株(2.0%) 90日or1.5倍
2%以下保有株主 計 2,976,000株(30.9%) ※5
9,175,000株 -


ロックアップ株数 ※3 7,384,000株以上 ※5
ロックアップ抜き時価総額 54億2322万円以下 ※5
※3 潜在株式と上場時に売出される株の数は抜いております。
※4 想定価格を基に算出しています。
※5 株主の記載が一部省略されており、正確な数字がわからないため、確定している分だけ記載しています。

株主を見ると...。結構ベンチャーキャピタルが並んでいますね...。

ざっくりというと、持株会には180日、社内関係者&関係企業には90日、ベンチャーキャピタルや取引会社には90日or公募価格の1.5倍でロックアップがかかっています。

一会社あたりの保有割合は高くないですが、1.5倍を超えた場合は気を付けたほうがいいかもしれないです。






 業績


____________________________
決算年月
(期)
____________________________
____________
2014年3月
(58期)
____________
____________
2015年3月
(59期)
____________
____________
2016年3月
(60期)
____________
____________
2017年3月
(61期)
____________
____________
2018年3月
(62期)
____________
売上高(百万円) 23,293 27,189 56,973 51,758 27,738
経常利益(百万円) 2,404 2,849 4,226 4,070 2,647
純利益(百万円) 2,141 1,772 3,002 2,554 1,623
純資産額(百万円) 6,036 7,852 13,462 15,436 16,867
自己資本比率(%) 31.7 39.7 34.8 39.2 39.5
自己資本利益率[ROE](%) 43.1 25.5 28.8 19.7 -
営業キャッシュ・フロー(百万円) - - 2,043 4,416 3,010
投資キャッシュ・フロー(百万円) - - △609 △2,071 △1,388
財務キャッシュ・フロー(百万円) - - △1,503 31 △52
※ 59期までは単体。60期からは連結決算
※ 62期は第2四半期までの数値

今期こそ年換算で見てみると来期を超える予想になっていますが、アパレル業界自体の二極が進み、このままでは厳しい環境が続くとのことです。

何か打開策を打たない限り今後の成長は難しそうです。







 評価・初値予想

評価(S~D) 上場規模の小ささ:D ロックアップ:C 当選難易度:C 総評:D
当サイト初値予想 2,420円
当サイト高値予想 2,420円
初値 -円(公募+円(+%))
高値 -円(上場-日目)

特に魅力的な要素がありませんし、4社同時上場ということを考えてしまうと、資金の流れも悪くなりそうですし、公募割れの可能性も高いです。

今後何か特別なプラス材料が出ない限りはスルーしたほうがいいかもしれません...。















ブログランキングに参加中!よろしければ1日1回クリックお願いしますm(_ _)m⇓
 にほんブログ村 株ブログへ   

にほんブログ村      株式ランキング





コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット